【空室率75%の廃墟が現在満室経営!! / 金利1%未満で借入!あこがれのセカンドライフ謳歌! 他】

空室率75%の
廃墟が現在
満室経営!!

廃墟が現在
満室経営!! 12部屋中9部屋が空室の中古マンション。
前オーナーも管理できておらず、ほぼ廃墟と化していました。
しかし、空き部屋や外壁を大規模なリフォームでデザイナーズ風に変更。
物件が安く購入できたため、リフォームに費用をかけました。
そのおかげで、今は満室経営を続けています。

金利1%未満で借入!あこがれのセカンドライフ謳歌!

金利1%未満という驚くほど好条件の融資を獲得しながら、区分マンション8戸を運用。
返済を終えた物件も増えて、現在はサラリーマンを早期リタイアしてセカンドライフを謳歌中。
ローンの残っている物件でも1戸あたり2~3万円のプラスで、今後はさらに物件を増やしていく予定です。

え!?いいの!?
6棟を格安で一括売却!

埼玉のある地主大家さんから、年齢も高くなってしまったので不動産経営をリタイアしたいと相談を受けました。
所有している6棟の物件を一括で売却してくれとのこと。
各々売却したときのほうが高い価格で売却できると説明をしましたが、格安の値段で一括売却をされました。

京都観光のお土産は「収益物件」!?

東京から京都観光ついでに物件を見学。事前にいくつかの物件を紹介しました。
その中に相場よりも100~150万円ほど安い物件があり、その場でご決断いただきました。
物件購入後には、買主様と一緒に真夏の中、草刈りをしました。
その結果、入居者もすぐに決まり、喜んでいただきました。

「えっ?どういうこと?」
いきなり50万円の一時金請求

ある業者から都内の区分マンションを購入した直後に旧耐震の工事が発生。
工事費が数億円かかるらしく、管理組合から修繕費の一時金50万円の請求。
この物件のオーナーは、購入時に工事の件はまったく話を聞いておらず、想定外の出費をすることになってしまったそうです。

銀行がまさかの心変わり…契約白紙に

初めての不動産投資で、市場に出回ていない一棟マンション(2億円超・利回り9%台の築浅RC造)を契約。
銀行の支店決済でも融資の承諾を頂いていました。
しかし、本部決済で一転、まさかの融資NG!
理由は海の近くで津波などのリスクがあるためとのこと…

民泊の運営が大成功!
実質利回り25%で稼動中!

都内23区にある商業用の一棟ビルを購入。
2段ベッドやカプセル型ベッドなどを設置して、民泊用としてリフォームを行いました。
駅近や中心地へのアクセスもいい立地だったため、現在この物件は実質利回りが25%以上で稼働中しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です