【収益物件に関して】

収益物件について

収益物件について質問です。
一般的な「ファミリー混合の分譲マンション」と、投資家向けに開発された「投資用マンション」では、どちらがいいですか?

収益物件について質問です。
立地や設備、部屋の広さが同等のマンションがある場合、一般的な「ファミリー混合の分譲マンション」と、投資家向けに開発された「投資用マンション」では、どちらが有利なのでしょうか?

ファミリー混合の一般的な分譲マンションは、賃貸用の部屋は少なく、所有者が実際に住んでいるケースがほとんどです。
そうしたマンションの一部で運用した場合、賃貸入居者とオーナー居住者との住まいに対する意識の違い、入居マナーの違いがあるため、トラブルになるケースが多々あります。
例えば、ゴミ出しのルールや騒音なども、一時的な住まいだと思っていると多少はいいだろうと甘く考えがちです。

そのため、賃貸入居者を良く思わないオーナー居住者は多く、管理組合で賃貸禁止という決議が降る可能性があります。
そうなると、賃貸に出すつもりで購入したのに貸し出せないという、思わぬリスクを背負うことになります。

その点、投資家向けに開発された投資用マンションの場合は、すべてのマンションオーナーが賃貸を目的とした投資家のため、そうしたリスクはありません。
何か決議をとるにあたっても、オーナー全員の目的意識が一致しているため、一般的な分譲マンションと比べると、スムーズに事が運びます。

そのため、投資家向けに開発された投資用マンションの方が有利といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です